本物のプロを育てる。Akai盗聴器発見・盗聴対策講座

盗聴器発見器について学ぶ

盗聴器発見器を紹介する上で、盗聴器発見器が何か?についても一緒に学ぶ必要があります。

ここでも、盗聴器発見で活躍する、いくつかの盗聴器発見器を紹介しています。
しかし、これらすべての盗聴器発見器は、まったく知識を持っていない状態で使うことはできません。

例えば、一般的な生活家電もそうですが、必ず取り扱い説明書や、その機械を使ったらどういった結果になるのかが分かった状態で機械を操作していると思います。

盗聴器発見器の場合、他の家電などの機械と比較して、操作が大変複雑です。
また、操作をすることができても、導き出された結果の意味を理解することができないケースもあります。

比較的安価で購入が可能な、市販の盗聴器発見器の場合は、操作性も簡略化され、結果も分かりやすくされているため、購入した直後に使用することができます。

しかし、一部の盗聴器発見器、特に弊社が所有しているスペクトラムアナライザーなどは、操作性、導き出させる結果について、専門知識を持っていないと、理解することができないことがあります。

そのため、高性能な盗聴器発見器を購入する場合、一緒に盗聴器発見器の操作に必要な予備知識も学ぶ必要があります。

盗聴器発見器を使った調査で、必要となる予備知識には盗聴に使われる周波数のチャンネル番号、電波のレベルなど、盗聴器発見器が結果として出す数値の意味を理解しておく必要があります。

盗聴器発見器を購入される際には、盗聴器発見で必要な知識も一緒に学ぶようにするといいでしょう。


盗聴器発見講座の特徴