本物のプロを育てる。Akai盗聴器発見・盗聴対策講座

盗聴器発見で独立開業を目指すには

盗聴器発見業務を行う業者には「探偵」と「専門業者」があります。
盗聴器発見で独立開業する盗聴器発見業者として開業を目指しているなら、探偵として他の調査業務を行いながら盗聴器発見を行うか、専門業者として盗聴器発見のみを業務として行っていくのかで必要になる資格やスキルに違いがあります。

まず、探偵として他の調査業務を行いながら盗聴器発見業務もする場合、探偵業者として活動するための登録が必要になるため、公安委員会へ探偵業登録の届けを出さないといけません。
この登録が出来ていないと、探偵として調査業務を行うことが出来ません。

盗聴器発見専門業者として開業を目指している場合では、探偵のように登録は必要ありませんが、いくつかの資格を持っているのと持っていなのでは、扱える業務に違いがあります。

盗聴器発見調査では、盗聴器から発信されている周波数を傍受することで、盗聴器の有無を調べます。
周波数を傍受するだけなら、一般の人でも発見機器を購入して調べることが出来ます。
しかし、盗聴器発見調査のプロとして働く場合、傍受するだけでなく、取り付けられた盗聴器の除去も出来ると業務の幅が広がります。

盗聴器を除去するためには

例えば、盗聴器がコンセントの中に仕掛けられていた場合、盗聴器を取り外すためには、電気設備の工事を行うことが出来る電気工事士の資格がないと盗聴器の取り外しをしてはいけません。

盗聴器を除去また、盗聴器が電話機器(電話回線)に仕掛けられていた場合、 電話回線の接続や配線を行うことが出来る電気通信設備工事担当者の資格がなければ、電話機器の中に仕掛けられた盗聴器を取り外すことが出来ません。

この2つの資格は、法令で定められており、取り外しを行う場合に必要となる資格です。

この他に、無線従事者という資格もあります。この無線従事者は無線設備の操作や監督を行う者で、無線に関する専門家です。
資格を持っているのといないのでは、盗聴器発見調査を依頼する人に与える安心の度合いも違いますし、電波の性質や周波数について専門の知識を持っていることで、調査の精度も違います。

盗聴器発見業者として開業を目指すなら、これら専門の資格とスキルを持っておくと大変有利です。