本物のプロを育てる。Akai盗聴器発見・盗聴対策講座

盗聴器が仕掛けられているサイン!盗聴に気付くサインとは

盗聴器が仕掛けられていた場合、盗聴器を疑うサインがあります。

このサインに注目することで盗聴器が身の回りに仕掛けられていないか見抜くことができます。

1.スマホが盗聴されているときのサイン

  • バッテリーの消費が早くなった
  • バッテリーが使用していなくても熱くなる

スマホを遠隔操作するアプリがバックグラウンドで動いているのでバッテリーの消費が早くなり、操作していなくてもバッテリーが熱を持ちます。

アプリ一覧を表示させ、ダウンロードした覚えのないアプリが表示されていた場合は遠隔操作アプリか調べて見てください。

アプリを削除するか初期化することで盗聴を回避できます。

2.室内に盗聴器が設置されているときのサイン

  • 大型家具の位置がずれている
  • コンセントまわりが綺麗になっている


コンセントタップ型の盗聴器を仕掛ける場合、
大型家具の裏など普段目に付きにくい箇所に仕掛けます。

いつもの位置からずれていたり床に擦ったあとがある場合は
移動して盗聴器を仕掛けられている可能性があります。

またコンセント内部に盗聴器を仕掛けるためにはコンセントカバーを外す必要があるのでコンセント周りの汚れやほこりなどにも注目してください。

3.車両に盗聴器が仕掛けられたときのサイン

  • ぬいぐるみや小物の位置が変わっている
  • 座席が動いている
  • ダッシュボードを触られた形跡がある

車両にはボイスレコーダーを設置する手法が使われます。

座席シートの下やダッシュボード、ぬいぐるみの中などに
仕掛けられやすいので、普段と何か違和感を感じたら
ボイスレコーダーがないかチェックしてみてください。

4.不審者からわかるサイン

  • 不審な人物が長時間自宅付近にいる
  • 不審車両が長時間自宅付近に停まっている
  • 不審者の視線を感じる

盗聴器を仕掛けた場所、盗聴犯が近くで受信機を持って
聞いているかもしれません。


車両の中に潜んで盗聴している可能性もあるので
不審車両にも気を付けましょう。

5.固定電話が盗聴されているときのサイン

  • 通話中にノイズが発生する
  • 無言電話やいたずら電話がかかってくる

固定電話は探偵が盗聴調査を行う際に必ずチェックする
ポイントです。

家の外にある保安器のヒューズを交換するだけで簡単に
電話の盗聴
が行えます。

保安器のカバーは固定されておらず手馴れた人であれば
わずか数秒で盗聴器に交換することが出来ます。

盗聴器は様々なタイプがあり、発見が難しい
ステルス性の盗聴器もあります。

ネットで売られている盗聴器発見器ではステルス性と呼ばれる特殊な盗聴器の発見には対応できておらず見逃す可能性も大いにあります。



ここでご紹介した盗聴器の兆候は、あくまで人間が気付くことの出来るレベルの兆候です。 盗聴器には、巧妙に隠され、特殊な盗聴器発見器を使用しなければ兆候さえ掴めない盗聴器もあります。

まずは盗聴器が仕掛けられているかもしれないサインを自分でチェックしてみて、それでも盗聴の不安が残る、盗聴による被害が続いているという場合は、当社までご相談下さい。